Architects Desk Home > MEMBER > 湯浅 剛・景子
湯浅 剛・景子
湯浅 剛・景子
アトリエ六曜舎
アトリエ六曜舎が提案するのは・・

住まい手が、気兼ねなく、そして気持ちよく暮らせる家。
自然素材を利用した暖かみのある家。
明るく風通しの良い健康的な家。
シンプルベーシックなスタイルで長く住める家・・

建て主とともにじっくりと考えて、納得の家づくりを
実践できれば、と考えております。

PROFILE

会社名アトリエ六曜舎
住所東京都調布市深大寺北町2-28-5
電話番号(042)483-8686
FAX(042)483-8654
ホームページURL http://www.rokuyosha.com
メールアドレスat@rokuyosha.com
名 称 :      一級建築士事務所 アトリエ六曜舎
所在地 :     東京都調布市深大寺北町2-28-5
電話(042)483-8686  FAX(042)483-8654    
登 録 :     一級建築士事務所 東京都知事 第40338号    
         (JIA建築家賠償責任保険加入事務所)    
           
代 表   : 湯浅 剛・景子
スタッフ  : 芝 優里
外部スタッフ: 高橋陽代


湯浅剛(ゆあさつよし)

1988 京都工芸繊維大学工芸学部建築学科卒業
1988 株式会社一色建築設計事務所入所
1992 同退社後英国留学
1994 グリニッジ大学ランドスケープ学科卒業
1995 アトリエ六曜舎設立

昭和女子大オープンカレッジ講師(97〜03)
法政大エクステンションカレッジ講師(98〜05)

(社)日本建築家協会会員(JIA)
関東甲信越支部広報委員/住宅部会員

           
 

MEDIA

まだ登録はありません

WORKS

COLUMN

  • VOL.227 エネルギー消費について知ろう!
    (2014/04/16 湯浅 剛)
    前回は「家庭でできるエネルギー消費量・簡単チェック法」というコラムを書きましたが、今日は参考になりそうな情報収集サイトについて紹介します。 皆さんは自分達がどのくらいエネルギーを消費しているか...
  • VOL.218 家庭でできるエネルギー消費量・簡単チェック法
    (2013/08/25 湯浅 剛)
     毎日の生活で、自分達がどれくらいのエネルギーを使っているのか。普通よりも多いのか少ないのか。今回は「家庭でできるエネルギー消費量・簡単チェック法」についてご紹介します。  ...
  • VOL.209 ペレットストーブ
    (2013/01/28 湯浅 剛)
     原発事故以降、電気に頼る生活を見直そうという機運が高まるなか、最近採用が増えてきている暖房に「ペレットストーブ」があります。これは「木質ペレット」を燃料とするストーブのことで、完全な...
  • VOL.200 高知県産材と大型木造建築(土佐材ツアー)
    (2012/05/09 湯浅 剛)
     3月12 日〜14 日、(株)リビングデザインセンター・OZONE の協力のもと、JIAの住宅部会員を中心とした10 名で、高知県の「土佐 材ツアー」に参加いたしました。「土佐材流通...
  • VOL.190 「パッシブソーラー」という考え方
    (2011/06/22 湯浅 剛)
    東日本大震災を経験し、クリーンで明るい未来の象徴のように見えていた「電気エネルギー」に、原発という大きな問題が潜んでいることが判明した今、国民全員がエネルギーのあり方に目を向ける時代がきたように...
  • VOL.181 家族をつくった家
    (2010/11/23 湯浅 剛)
     先日、JIAの広報誌・Bulletinのインタビューで、建築家・芦原太郎氏の事務所に伺ってきました。 芦原太郎氏は、建築界の巨匠・芦原義信氏(ソニービルや、駒沢公園の体育館などを設...
  • VOL.172 沖縄旅行・沖縄の民家
    (2010/05/09 湯浅 剛)
    4月初旬、家族で初めて沖縄本島への旅行に行ってきました。 あまり天気に恵まれませんでしたが、子供の希望を優先しながらも、私と妻が行ってみたいところにも足を伸ばしてきました。 まずは、沖縄...
  • VOL.163 木とともに暮らす住まい
    (2009/12/19 湯浅 剛)
     木とともに暮らす住まい 自宅を建ててはや7年がたちました。 自宅では、天竜から杉の構造材を産直し、手刻みで骨組みをつくりました。 また長野産のカラマツ厚板に、自然素材系...
  • VOL.152 緑の効用/外をとりこむ住まいづくり
    (2009/06/11 湯浅 剛)
    はじめまして。今回はじめてコラム担当となりました湯浅と申します。調布の深大寺という、のどかなところで、アトリエ六曜舎という設計事務所を妻とふたりで運営しています。 主に、シンプルな、自然素材を...

Column

Comments

Tag